病院の看護助手の求人

看護助手求人TOP >> 勤務先別の看護助手の求人 >> 病院

病院の看護助手の求人

看護助手は、勤務先によって微妙に仕事内容が異なります。基本的に病院やクリニックが多いですが、検診センターの求人も存在します。また病院でも、救急患者を扱っているところとそうでないところでは、やはり仕事の進め方は違ってくるでしょう。共通しているのは『看護師や患者さんのサポートをする』ことで、医療処置は一切行いません。

病院で働く看護助手の配属は、病棟や外来をはじめ、手術室や診療室など。なかには訪問看護ステーションなどもあります。入院している患者さんの食事や入浴を介助し、元気になって退院してもらうのを目的としています。勤務形態はシフト制または交代制となります。雇用形態は、意外にもアルバイトやパート、派遣が多いでしょう。非常勤の求人が多く、また近年の看護師不足から求人の数は多いといわれています。

病棟勤務であれば、病室の清掃やシーツの交換、理念の管理、物品整理や管理なども行います。外来勤務なら、患者さんの誘導や器具の洗浄、カルテの入力や整理などが主な仕事になります。患者さんの食事や入浴の介助を行うのは、病棟勤務の仕事になるでしょう。

看護助手といえば年齢制限がないのも特徴です。病院の求人を見ても分かりますが、『年齢不問』の文字をよく見かけます。中高年向けの求人も多く、50代や60代といった年配の方でも働きやすいのは大きなメリットになります。さらに未経験や無資格でもスタートできるので、医療や介護に携わったことがない方でも働くことができます。

病院の看護助手として働くのに必要になるスキルは、特にありません。しいていうなら、『人のお世話が好きな方』『医療や介護に興味がある方』でしょうか。医療や介護に興味がなければ働けませんので、ここは応募するうえで必要不可欠になります。あると活かせるスキルや経験は、看護助手認定資格を持っていること、ホームヘルパーの資格や経験がある方、コミュニケーション能力が高い方などが挙げられます。また患者さんの状況を見て、瞬時に判断できる観察力や洞察力もあると活かすことができるでしょう。医師や看護師のサポートとはいえ、責任感があることも欠かせません。未経験や無資格でも働ける職種とはいえ、医療や介護に一切興味がなく、人と関わることが苦手な人は、どうしても不向きになってしまいます。これは病院の看護助手に限ったことではないので、念頭に置いておいてください。

給料は、規模の大きい総合病院や大学病院であれば高くなりやすいと言われています。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.