夜勤がない看護助手の求人

看護助手求人TOP >> 条件別の看護助手の求人 >> 夜勤がない

夜勤がない看護助手の求人

看護助手は、夜勤がある場合もあります。『なるべく夜勤なしで働きたい』という方は募集内容をしっかり確認し、夜勤がない求人を選ばなければいけません。なかには、夜勤ありと夜勤なしを選べるところもありますが、夜勤ありの求人はたとえ夜勤なしを選んでも稀に夜勤をさせられる場合がありますので注意が必要です。

夜勤なしの求人は、こんな方におすすめです。『育児をしている』『資格の勉強をしている』『プライベートな時間を大切にしたい』など。昼間しか働けないという方は、夜勤がない求人を選んだほうが安心でしょう。基本的に、看護助手は雇用形態がアルバイトやパート、派遣が多いので、看護師より融通が効きやすいのがメリットです。要するに看護師より働きやすいといえます。とはいえ、基本は看護の仕事ですから、看護師のサポートが主な仕事とはいえ、決して仕事内容が簡単というわけではありません。そこをしっかり理解して求人を探しましょう。

では気になる給料ですが、夜勤がないということは、そのぶん諸手当はマイナスになります。正社員かアルバイト・パートなど雇用形態によって異なりますが、正社員でも夜勤なしなら、夜勤ありより給料は少なくなるでしょう。というのも、夜勤があるところは、夜勤手当という諸手当が付くからです。当然夜勤がなければその諸手当は付かないので、給料は少なくなります。正社員であれば、13万円程度。地域や病院の規模によって変動しますが、大体どこも13万円程度ではないでしょうか。それに実務経験があればもう少し給料は高くなります。アルバイトやパート、派遣であれば夜勤なしの求人が多いですが、時給制になるので給料は正社員より少なくなるでしょう。大体850〜1,250円程度といわれています。幅があるのは、先にも述べたように経験によって変動するからです。

看護助手で働いている方の中には、将来看護師を目指している方もいます。夜勤なしなら勉強にも専念できるので、早い段階で看護師に昇格することもできるでしょう。また病院によっては資金や勉強の時間を考慮しサポートしてくれるところもありますので、看護師として働きたい方はチェックしてみてください。

『若い人は看護師を目指すほうが良い』という意見もありますが、看護助手から経験を積むことで、立派な看護師を目指すことができます。さまざまな経験ができますから、将来看護師として働くときに役立てることができるでしょう。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.