激務でない看護助手の求人

看護助手求人TOP >> 条件別の看護助手の求人 >> 激務でない

激務でない看護助手の求人

看護師というと、激務なイメージがあります。では、看護助手はどうでしょうか?ひと言でいうと激務です。しかし、看護助手といっても地域や病院の規模によって異なるため、必ずしもすべての看護助手が激務で大変というわけではありません。そのため、なかには激務でない求人もあります。

激務でない看護助手の特徴は、『日勤のみ』『残業がない』『夜勤がない』『融通が利く』などが挙げられます。これらすべてをクリアしている求人はありませんが、残業や夜勤がないと書かれていれば、激務さは軽減すると考えて良いでしょう。融通が利くというのは、育児休暇や結婚・出産など、休暇が充実しているところです。やはりそういったところも、激務でないと言えるかもしれません。また、勤務場所も関係しています。大規模な病院であれば、人手が足りているので比較的激務は避けられるでしょう。中小規模の病院でも、看護師や看護助手の人手が足りていれば激務を避けられます。逆に人手が足りないところは、どうしても忙しくなりがちです。近年は特に看護師が激減していますから、看護助手の求人は増えている一方で仕事が忙しく、残業や夜勤が続いているという方も少なくありません。ですから、残業や夜勤がないだけで選ぶんではなく、『病院の状態』も考えて求人を探すのもひとつのポイントでしょう。

ちなみに、激務といわれているのは、『産婦人科』『外科』です。産婦人科は、入院患者のほとんどが妊婦さんになります。絶対安静が必要なため、妊婦さんのこまめなケアや身の回りのお世話などが主な業務になり、出産間近の妊婦さんであれば出産の準備も必要になるため、24時間サポートしなければいけません。外科は、看護助手の場合医療行為は行いませんが、手術室の清掃や器具の管理などを行うため、当然ラクではありません。外科は医師も看護師も忙しくしているので、そのサポートをする看護助手も忙しいといえます。激務を避けたいのであれば、産婦人科や外科の求人は避けたほうが良いかもしれません。

先にも述べたように、夜勤がある病院も激務になりやすいので、避けたほうが安心です。そもそも夜勤は日勤より人数が少ないので、激務になりやすいといいます。夜勤あり・なしを選べるところも、人手不足の場合は夜勤をさせられる可能性がありますので、激務でない看護助手求人を探すならこれらを意識すると良いでしょう。

月給は、正社員であれば13万円程度。地域や病院の規模によって変動します。看護助手は、意外にもアルバイト・パートの求人が多いといいます。時給制になりますが、850〜1,250円程度となります。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.