夜勤専従の看護助手の求人

看護助手求人TOP >> 条件別の看護助手の求人 >> 夜勤専従の

夜勤専従の看護助手の求人

夜勤専従とは、夜勤のみに従事することをいいます。ですから、夜勤専従の看護助手は、夜勤のみを行う看護助手ということになります。看護助手の求人には、この夜勤専従の募集も存在します。

夜勤専従の看護助手の魅力は、なんといっても『給料が良い』ということです。通常、看護助手は月給13万円程度。アルバイトなら時給850〜1,250円程度になります。しかし夜勤専従になると、給料はグンとアップします。それは、夜勤手当が大きく関係しており、地域や病院の規模によって異なりますが、20万円程度の給料を設定している求人も存在するでしょう。

夜勤専従の看護助手というと仕事が大変なイメージがありますが、週1日から働けるところもあり、ライフワークに合わせて働くことができます。実際、夜勤専従で働いている看護助手の中には、日中は他の場所に勤務している方もいるといいます。Wワークに最適なのも夜勤専従の魅力のひとつでしょう。

ちなみに、夜勤専従の求人は看護師を含め非常勤が多いといわれています。非常勤とは、ご存知のとおり正社員以外です。アルバイトや派遣などが主に挙げられますが、夜勤専従で働いている方は非常勤が多いため、日勤にすると給料が低くなる傾向にあります。しかし夜勤専従にすると、常勤に近い給料を受け取ることができるので、看護助手でも十分な給料を受け取れるようになります。また夜勤時間には上限がありません。たとえば、月10回の夜勤で給料が3万円/1回だった場合、その月の給料は30万円ということになります。看護助手でここまで稼げたらすごいでしょう。

しかし、気になるのが体力の問題です。夜勤専従は、夜のみの勤務なので、ライフスタイルに大きく影響します。となると。『体を壊しやすいのでは?』と心配されるのも無理がありません。そのため、夜勤専従は、夜働くのが苦でない方でないと難しいでしょう。朝起きて日中働くというスタイルが好きな人は、どんなに給料が良くてもおすすめしません。また夜働くことに抵抗がない方でも、体調管理には十分気をつけなければいけません。

つい給料面だけを見て求人を選びがちですが、業務内容や勤務時間などもしっかり確認して探すようにしましょう。夜勤専従であれば、何時から何時まで働くことになるのか、週にどれだけ働くのか細かいところまでチェックしておくと安心です。また夜勤専従の求人も、急性期病院・療養型病院・介護施設など勤務先によって状況が異なります。自身の条件と照らし合わせながら探すのもポイントです。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.