子持ちママ向けの看護助手の求人

看護助手求人TOP >> 条件別の看護助手の求人 >> 子持ちママ向け

子持ちママ向けの看護助手の求人

ひと口に看護助手の求人といってもさまざまです。そのため、同じ看護助手の求人でも、自分の条件に合うものとそうでないものがあります。ですから、求人を探すときはいろんな視点から自分の条件に合うものを探し、比較することをおすすめします。

それを踏まえた上で、『子持ちママ向け』の看護助手の求人はあるのでしょうか?結論からいいますと、あります。子持ち向け求人ということは、育児を重視してくれる求人ということになります。たとえば、残業がない(定時で帰れる)、夜勤がない、休みが取りやすいなど。残業や夜勤がないのは、子持ちママには必須です。看護助手は、准看護士や看護師に比べると忙しさは軽減しますから、子持ちママ向けといわれています。しかし、地域や病院によって対応は異なりますから、求人を探すときはこれらに注意してチェックしてみましょう。また、託児所など子供を預けられる施設を完備しているところであれば尚更働きやすくなります。

看護助手は、病棟の仕事と外来の仕事で内容が異なります。忙しさも違ってきますから、育児中の方は、どんな業務になるのかも確認しておくと安心です。ちなみに、病棟の仕事は、病室メインで働くことになります。清掃やシーツ交換、リネンの管理など。また患者さんの食事や入浴のお世話、メッセンジャー業務なども大切な業務になります。外来の仕事は、直接患者さんのお世話をすることはありませんが、患者さんの誘導やカルテの入力・整理、リネン類の洗濯などを行います。また器具の洗浄や準備、物品の補充や管理、発注なども大切な業務のひとつです。基本的に、医療行為は行いません。あくまで患者さんをサポートする仕事なので、育児で子供のお世話をしているママにはぴったりの職種といえるでしょう。

また、看護助手は専門知識や経験、資格が不要です。ブランクがある方でも働ける仕事なので、出産と育児で看護師から離れていたという方でも安心して復帰することができるでしょう。看護師の経験があればそのぶん優遇してもらえるので、より働きやすくなります。給料面も未経験や無資格の方よりプラスになるでしょう。

近年の看護師不足から、看護助手の求人は増加傾向にあります。経験がなくても、やる気と根性があれば働ける職種ですので、子持ち向けママの求人を探している方はチェックしてみてください。さまざまな経験を得ることができ、准看護士や看護師へのステップアップも期待できます。子供が大きくなり落ち着いたら、看護師として働くことも夢ではないでしょう。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.