高収入の看護助手の求人

看護助手求人TOP >> 条件別の看護助手の求人 >> 高収入

高収入の看護助手の求人

一般的に、看護助手の給料は低いといわれています。専門的な仕事ではないため、非常勤の方も多いですし、正社員でも13万円程度。時給なら850〜1,250円程度になります。そんな中で、高収入の看護助手求人はあるのでしょうか?結論からいいますと、あります。看護助手の求人もさまざまですから、なかには平均以上の給料を受け取れるところもあるでしょう。

高収入求人の探し方のポイントは、『残業がある』『夜勤がある』『夜勤専従』。やはり、日勤より夜勤のほうが給料は高くなります。そのぶん激務になりやすいですが、高収入の看護助手求人を探すならまず夜勤がおすすめです。残業も夜勤も諸手当が付くので、良い給料が期待できます。

ちなみに、夜勤ありは日勤と夜勤のミックスです。3交代制や2交代制などと書かれていますが、日勤の日もあるため、夜勤オンリーで働くわけではありません。この場合、夜勤手当で給料にプラスされます。一方で夜勤専従は夜勤オンリーです。日勤働くことはないため、夜型の生活になるのが基本です。生活リズムが狂いやすいというデメリットはありますが、夜に強い方や日中は他の仕事をしているという方には適しています。夜勤ありと夜勤専従では、夜勤専従のほうが高収入になるでしょう。同じ非常勤でも、日勤オンリーの看護助手と夜勤オンリーの看護助手では、当然後者のほうが良い給料を受け取ることができます。ですから、がっつり稼ぎたい方は夜勤ありより夜勤専従のほうがメリットになるでしょう。

高収入の看護助手は、月給が20万円以上。なかには30万円近い月給を設定している病院もあります。年収の平均は250〜300万円程度ですが、高収入の求人になると300万円以上もざらではありません。アルバイトやパートの場合は、時給1,300円以上のところが高収入になります。

なかには『夜勤なしで高収入の求人を探したい』という方もいるでしょう。確実に収入が良いのは夜勤ですが、日勤でも平均以上の給料を受け取れるところもあります。そういったところは、比較的人手が不足している病院や規模が大きい病院などが挙げられます。人手不足の病院は、とにかく看護師や看護助手を多く求めているので、月給や年収を高く設定しているところが多いようです。いろんな看護助手求人があるからこそ、比較しながら探すことをおすすめします。

ポイントをまとめると、『夜勤あり』『夜勤専従』『人手不足の病院』『規模が大きい病院』です。また高齢化が進んでいる地域なども高収入求人になりやすいでしょう。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.