50代に人気の看護助手の求人

看護助手求人TOP >> 条件別の看護助手の求人 >> 50代に人気

50代に人気の看護助手の求人

50代は看護助手の仕事で活躍しやすいといわれています。実際、求人を見ても中高年歓迎の文字を多く見かけます。50代になると子供が手から離れている方が多いですし、人生経験を積んでいるので、人のお世話をする看護助手は適職といえます。また育児も落ち着いているので、夜勤ありでも働け、しっかり稼ぐこともできるでしょう。

そもそも、看護助手には年齢制限がありません。そのため、なかには70代で働いている方もいます。それを考えると、50代はまだまだ働くのに適した年齢ということになります。もちろんそれは、看護助手だからです。一般企業であれば、50代から転職するのは容易ではありません。むしろ難しいといっても過言ではないでしょう。しかし、それが叶うのが看護助手です。

ただ50代から看護助手に転職する場合、デメリットもあります。それは、『体力的に厳しい』ということです。看護助手は、主に患者さんの食事介助や入浴介助などを行います。看護師や患者さんのサポートが仕事ですから、とにかく体力が必要不可欠です。テキパキ動くことができなければ、他の方の足を引っ張ってしまう可能性があります。年齢とともに体力は低下しますから、その点は欠点になるかもしれません。それでも、慣れてしまえば解消されますので、特別心配する必要はないでしょう。このように、50代にとって看護助手は非常に働きやすくやりがいを感じやすい職種といえます。

ちなみに、看護助手の仕事内容は大きく2種類に分けられます。まず、病棟です。病棟では、その名のとおり主に病棟での作業になります。病室の清掃やシーツの交換・管理、患者さんの食事や入浴、排せつの介助など。物品整理や管理、メッセンジャー業務も大切な仕事のひとつです。もう1つは外来になります。外来では、患者さんを誘導たり、器具の洗浄や準備をしたり、カルテの入力や整理を行ったりします。交感したリネン類の洗濯も、外来で働く看護助手の仕事のひとつになるでしょう。

50代は、20代や30代よりも人生経験が豊富で、今まで経験したことを活かして看護助手に役立てることができます。特に医療や介護の経験がある方なら、その経験を存分に発揮することができるでしょう。『50代で転職は難しい』と諦めている方は、ぜひ看護助手を検討してみてください。近年看護師不足で急増しつつある看護助手求人、安定のニーズで50代からでも安心して働くことができるはずです。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.