30代に人気の看護助手の求人

看護助手求人TOP >> 条件別の看護助手の求人 >> 30代に人気

30代に人気の看護助手の求人

30代は、看護師より看護助手のほうが人気があります。というのも、30代になると育児をされている方が多いからです。なぜ育児をしている方は看護助手のほうが働きやすいのかというと、看護助手の仕事内容が大きく関係しています。

看護助手の仕事は主に看護師のサポートで、医療処置を行わないのが大きな特徴ですが、病棟勤務と外来勤務では業務内容が微妙に異なります。しかし、看護師のように大きな仕事を任されることはなく、比較的融通も利きやすいので、30代にも人気があるのでしょう。

簡単に看護助手の業務内容を挙げると、病棟勤務は掃除・シーツ交換・食事や入浴介助・物品管理・メッセンジャー業務などを行います。直接患者さんのお世話をするので、介護の仕事にも似ています。一方で外来勤務は、患者さんの誘導・器具洗浄・カルテ入力・物品補充・リネン類の選択などを行います。同じ看護助手でも、配置される場所によって仕事内容が変わってくるのが分かります。どちらが大変かというのはありませんが、外来勤務は患者さんに直接お世話することはほとんどないでしょう。しかし、人手不足の場合、病棟勤務の看護助手が外来の業務を行う場合もあり、その逆もあります。

以上が看護助手の主な仕事になります。医療現場で看護師をサポートし、そして患者さんの補助をする。一見忙しそうですが、育児中の30代の女性でも働きやすいのが特徴です。福利厚生や休暇が充実しているところであれば、尚更働きやすいと感じるでしょう。

もちろん、独身の方でも看護助手で活躍している方は少なくありません。ただ看護助手から看護師を目指す場合、30代は少し厳しいかもしれません。看護助手は資格がなくても働ける職業ですが、看護師は資格が必要になります。看護助手として働きながら資格取得の勉強をしなければいけないため、余程のやる気と根性がなければ難しいでしょう。そのため、看護助手から看護師を目指すなら、30代より20代のほうが賢明かもしれません。

ちなみに、30代で看護助手として働くなら、特に給料や福利厚生などもしっかりチェックしておきましょう。給料は13〜15万円程度といわれていますが、30代ならそれ以上になるところのほうが安心です。医療や介護の経験がある方なら、より15万円以上のほうが安定した生活を送ることができるでしょう。看護助手は人気の職種ですが、選び方を間違えると失敗します。そんなことのないように、いろんな求人を比較しながら探してみてください。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.