看護助手の転職と自己PR

看護助手求人TOP >> 看護助手の転職の基礎 >> 看護助手の転職と自己PR

看護助手の転職と自己PR

看護助手に転職する際、自己PRの欄の記入に悩む方も多いのではないでしょうか。自己PRは自分を採用側にアピールするうえでとても重要なポイントとなります。そのため、しっかりとした内容を記載していきたいものです。看護助手に転職する際の自己PRの書き方のポイントについて挙げていきましょう。

まず一つ目のポイントは「自分自身の性格をアピールする」ことです。例えば綺麗好きでよく掃除をしているという方であれば「私は綺麗好きで掃除や片付けが大好きなので、この性格を活かして看護助手として勤めていきたい」など自分自身の性格をプラスにアピールし、採用側の良い印象を与えましょう。ただし、同じ綺麗好きでも「汚いところは許せない」と書くと、相手にキツイ印象を与えてしまうことがあります。なるべくプラスな印象を与えるように、どういった性格であるかを自己PR欄に記入すれば、面接官も質問しやすくのでとても面接がやりやすくなります。

二つ目は「病院・介護施設の理念や特徴を踏まえる」ことです。例えば、患者さんに対しての対応が献身的であることや利用者からの評価が高いなどの病院・介護施設の理念や特徴を踏まえて自己PRをすることで、より採用側に好印象を与えることが出来ます。また、自己PR欄に病院・介護施設の理念や特徴に触れておくことで情報収集をしているということがアピールでき、面接もしやすくなります。

三つ目は「自分の言葉で書くこと」です。採用側に好印象を与えることを意識しすぎてしまうと文章が硬くなってしまい、さらに読みづらいものになってしまいます。そういった自己PRの書き方をしてしまうと、逆に採用側に印象を悪く与えてしまうのです。難しい言葉でまとめようとせず、自分の言葉で読みやすい文章を作成するようにしましょう。

四つ目は「嘘は記載しないこと」です。自分のことをより採用側にアピールするために過去の経験や実績などを偽って記載してしまうと、面接の際や実際に働く際にとても苦労してしまうことになります。嘘の情報は記載せず、ありのままの自分をアピールするようにしましょう。

以上、四つが看護助手になる際の自己PRの書き方ポイントとなります。自身の性格や病院・介護施設の理念や特徴を踏まえて、自分の言葉で嘘はなく自己PRを作成しましょう。看護助手は看護師の業務のサポートだけではなく、患者さんへの介護介助や院内雑務等も行います。そのため「高いコミュニケーション能力」が必要です。自己PRにコミュニケーション能力をアピールも忘れないようにしていきましょう。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.