看護助手の転職と履歴書

看護助手求人TOP >> 看護助手の転職の基礎 >> 看護助手の転職と履歴書

看護助手の転職と履歴書

看護助手に転職をするうえで一番最初に重要なポイントとなるのは「履歴書」です履歴書は一番最初に採用側の目に触れるもので、採用率に大きく関わってくるので、しっかりと書いていきたいものです。しかし、履歴書を書く際にどういった点を気をつけて、どのように作成して良いか分からないという方も多いことでしょう。そこで、看護助手に転職する際の履歴書の書き方と注意点について挙げていきましょう。

まず一つ目は「手書きで作成する」ことです。従来は履歴書をパソコンで簡単に作成することが出来るため、パソコンで履歴書を作成する方が多くなってきました。しかし、パソコンで作成された履歴書は特徴がなく、採用側に良い印象を与えることが出来ません。手書きで履歴書を作成することで、採用側の目に止まりやすくすることが出来ます。なるべく手書きで履歴書を作成するようにしましょう。手書きで履歴書を作成する際の注意点は「誤字脱字に気をつける」ことです。誤字脱字が目立ってしまうと、確認不足ということでマイナスな印象を与えてしまいます。履歴書を作成し終わったら、もう一度確認し誤字脱字がないようにしましょう。

二つ目は「アピール出来る文章を作成する」ことです。履歴書には自己PR欄・志望動機欄が設けられています。そこでの文章は採用側に自分をアピールする重要なものとなります。自分の性格と看護助手の仕事の関連性や活かせる根拠を記載したり、自分の培った経験やスキルをどのように活かしていくのかを記載しましょう。ここでの注意点は「読みやすい文章に心がける」ことです。ただアピールするポイントを箇条書きしてしまうと、採用側に熱意が伝わらず悪い印象を与えてしまいます。自己PR・志望動機を書き終わったら再度自分で読み返し文章が読みやすいものであるかを確認しましょう。

三つ目は「事実のみを記載する」ことです。履歴書には職歴や取得している各種資格等の記載欄があります。少しでも採用されやすくなるようにと、偽って記載してしまうことは決してしないようにしてください。もし、そういった偽った記載をして看護助手として転職が成功しても後々トラブルが生じてしまったり、経験のない業務を任せられたりといったことに繋がってしまいます。そのため、職歴や各種資格の取得等は事実のみを正直に記載するようにしましょう。正直に記載することが採用でマイナスポイントになることはありません。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.