看護助手に多い退職理由

看護助手求人TOP >> 看護助手の転職の基礎 >> 看護助手に多い退職理由

看護助手に多い退職理由

看護助手の退職理由として多いものをいくつか挙げていきましょう。まず一つ目の理由は「勤務形態が合わない」といった理由です。これは看護助手の退職理由として代表的なもので、勤務形態がライフスタイルに合っていないと、家庭と仕事との両立がしにくくストレスも溜まりやすくなってしまいます。長く看護助手として勤務するうえでも、自分に合った勤務形態であることは大きなポイントとなってきます。

二つ目の理由は「勤務地が自宅から遠い」といった理由です。結婚や住まいの引越し等で勤務地と自宅の距離が遠くなってしまったことにより、退職を考える方も多いようです。朝が早かったり、残業で遅くまで仕事をしてしまうとそこから自宅に帰るまでにさらに時間がかかってしまいます。通勤時間や帰宅時間が長いと疲れも取れず、次の仕事にも支障が出てしまうでしょう。そのことから退職を考える方が多いようです。

三つ目は「肉体的に辛い」といった理由です。看護助手は看護師のサポートだけではなく、患者さんの介助や院内の雑務なども担当します。患者さんの介助では患者さんの体を起こしてあげたり、院内の雑務では書類などを運んで整理する業務も出てきます。そのため、体を動かし力が必要な業務も多い傾向です。そういったことから、肉体的に辛いという理由で職場を離れてしまう看護助手も多いのです。

四つ目は「給料が安い」といった理由です。看護助手は看護師のサポートや患者さんの介護介助、院内の雑務と多忙でハードな業務内容に関わらず、支払われる給料が安い傾向にあります。そのことから給料が安いといった理由で退職をする看護助手さんも多くいらっしゃいます。

五つ目は「職場の人間関係」です。これはどんな職業であっても、退職理由として最も多く挙げられる理由となります。特に看護助手は看護師さんとの連携、患者さんそのご家族への対応と人と接する機会が多い職種です。看護師さんとの人間関係が悪化してしまうと、うまく連携が取れず患者さんの治療などにも影響してしまいますし、患者さんとの人間関係が悪化してしまうと信頼関係が築けず看護助手としての業務を遂行することは出来なくなってしまいます。人間関係の悪化を防ぐためにも言葉使いや他の看護師への配慮、患者さんへの献身的な対応を心がけていかなければいけません。良い人間関係が築ければ信頼関係が生まれ、看護助手として仕事にやり甲斐を感じられ、充実した仕事が出来ます。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.