看護助手の残業事情

看護助手求人TOP >> 看護助手の転職の基礎 >> 看護助手の残業事情

看護助手の残業事情

看護助手の残業事情について知りたいという方も多いのではないでしょうか。看護師の勤務体制は基本として「24時間のシフト制」となっており、病棟・施設勤務では患者さんが常に滞在しているため夜勤業務もあります。2〜3人の交代制で早番、日勤、遅番、夜勤と勤務体制が分かれており、中には夜勤を準夜勤と夜勤に分けている所もあるようです。基本的には24時間のシフト制とされていて看護助手の残業業務は少なめとなっています。

しかし、看護助手を含めて患者さんの対応にあたる介護士や看護師の人数が少ない傾向にあるため、場合によっては残業業務がやむを得ない場合も出てきます。また、患者さんの急な容態の変化等に対しても残業をしなければならない場合もあるでしょう。人数不足でギリギリでシフトを回している所もありますので、そういった勤務先では常に残業をしなければならない状態にあります。また、残業手当に関しては、場所によってはサービス残業とされてしまう所も見られます。これから看護助手として就職・転職を希望している方は、残業の有無も確認しておくことが大切です。

就職時や転職時の求人には残業について詳細を記載されていない場合が多く、求人を見ただけでは残業が多い職場なのかを把握するのは難しいものです。しかし、求人以外にも残業業務が多いかどうかを判断する方法があります。まず一つ目は「病院・介護施設の雇用人数を確認する」ことです。実際にその病院・介護施設で働いている看護師や看護助手、介護士の人数を把握することが出来ます。また、患者さん・利用者さんの人数も把握できれば確実に残業の有無が分かります。患者さん・利用者さんに対して、対応するスタッフの人数が少なければ残業が多い傾向と判断可能です。二つ目は「インターネットサイトを利用する」ことです。インターネットサイトでは、実際に働いていたスタッフの意見が記載されているクチコミ等を見ることが出来ます。そういった所から残業の有無を確認することも出来るでしょう。しかし、信憑性に欠ける部分もあるのでクチコミ等に頼りすぎてしまうのは注意が必要です。

看護助手は24時間のシフト制が基本的な勤務体制になっていて、残業が少ない傾向にあります。しかし、状況によっては残業をやむを得ず行わなくてはいけない場合もあります。就職先・転職先を決めるうえで、病院・介護施設の雇用人数や患者・利用者の人数などを確認しておくことが大切です。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.