看護助手と看護師の違い

看護助手求人TOP >> 看護助手の転職の基礎 >> 看護助手と看護師の違い

看護助手と看護師の違い

看護助手と看護師の違いについて疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。では、具体的にどのような違いがあるのか挙げていきましょう。

まずはじめに、看護師は医師の診察や治療の補助を行い、患者さんの病気や怪我のケアを行います。その他にも患者さんのベッドメイキングなどの院内雑務や血圧・体重測定など計測したり、カルテを記載したりといった業務も行います。看護助手は看護師の業務のサポートを行い、患者さん・そのご家族への対応などの業務を行うお仕事です。その他、院内清掃や医療器具の清掃・消毒、時には看護師の代わりにカルテなどを作成することもあります。

一見変わりのないように見える看護師と看護助手の仕事内容ですが、大きな違いは「医療行為が行えるかどうか」にあります。看護助手は資格を取得していない未経験者でも就職して働くことが可能ですが、資格はないので点滴や注射などの医療行為を行うことは出来ません。一方、看護師はある程度の医療行為が許される資格を取得しているため、点滴や注射などの医療行為を行うことが可能です。そのため、医療行為を行うことが出来るかどうかが看護師と看護助手の大きな違いであることがわかります。

看護師と看護助手のもう一つの違いとしては「給与面」があります。看護助手は看護師のサポートを行い、患者さんの介助や院内雑務などを行います。しかし、医療行為に直接関わることが出来ないため看護師よりも給与がやや低くなります。一方で看護師はある程度の医療行為が可能で、医師と直接連携して業務を行うことが出来ることから、給与が看護助手よりも高く設定されています。スキルと医療知識の差があることから当然の違いともいえるでしょう。

最後に看護助手と看護師の違いとして挙げられるのは「国家資格を取得しているかどうか」です。看護助手は求められる資格はなく、未経験者でも業務を行えます。しかし、看護師になるためには厚生労働省が定める国家資格を取得しなければなることは出来ません。厚生労働省から医療知識やスキルが認められた方だけが取得出来る資格となるので、看護助手と看護師は大きく違いがあることが分かります。以上のように看護助手と看護師の違いは、厚生労働省が認める国家資格を取得していることや医療行為が行えること、給与面の3つあることがお分かりいただけたのではないでしょうか。看護助手になりたいという方はこの違いを覚えておきましょう。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.