看護助手の転職と志望動機

看護助手求人TOP >> 看護助手の転職の基礎 >> 看護助手の転職と志望動機

看護助手の転職と志望動機

看護助手は雇用年齢も幅広く、未経験者でも勤めることが出来ることから新たな転職先として希望する方も多いのではないでしょうか。そこで、他職から看護助手に転職を希望している方のために、採用を掴むためのポイント「志望動機」について挙げていきましょう。まずはじめに「どのようにして志願したのか」を志望動機に明確に加えるようにしてください。どのようにして志願したのかは、ほぼ間違いなく面接で聞かれる質問のひとつです。そのため、採用の場ではより明確な答えを求められます。人間関係の悪化などのマイナスな志望動機は避け、病院・クリニック等の理念や教育方針などに触れて志望動機を述べると、面接官の共感を得やすいでしょう。

続いては「前職の経験を踏まえる」ことです。志望動機で面接官にアピールをするうえで、今までの経験を踏まえた内容に心がけることも大切です。自分が採用されたらどのような利点があるのかを明確に伝えることが出来ます。例えば前職で培った体力を患者さんの身体介助などに活かしたい、介護関係の職場についていたので今までの経験を活かして貴院の力になりたいなど前職の経験を踏まえることで、面接官からの評価を上げることが出来ます。自分の事を印象強くアピール出来るような志望動機を述べましょう。

次に志望動機で一番大切なのは「誠意を伝えられるようにする」ことです。具体的な志願理由で前職の経験を生かしたどんなに素晴らしい志望動機を述べても、誠意がこもっていなければ相手に響くことはありません。恥ずかしそうにうつ向きながら述べたり、相手と視線を反らせて述べたり、話す声が小さかったりと誠意を感じられない志望動機の述べ方はNGです。ここで働きたい・看護助手として採用してくださいという気持ちを志望動機に込めて、述べるようにしましょう。誠意のこもった志望動機を述べられれば面接官の心を動かし、有利に面接を進めることが出来ます。

「どのようにして志願したのか」、「前職の経験を踏まえる」、「誠意を伝えられるようにする」の3つのポイントを踏まえることで、より面接官に印象強く自身をアピールすることが可能です。しかし、長すぎず出来るだけ簡潔に述べることも忘れないようにしてください。気持ちのこもったメッセージであればしっかりと相手の心に響きますので、途中で噛んでしまったり言葉を詰まらせてしまっても動揺せず、最後まで自信を持って述べましょう。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.