看護助手の転職と面接

看護助手求人TOP >> 看護助手の転職の基礎 >> 看護助手の転職と面接

看護助手の転職と面接

看護助手は医療・介護の現場で看護師のサポートをしたり、患者さんの介護介助や院内雑務などを行う職種です。未経験者で幅広い年齢層が勤められることから人気の仕事となります。そんな看護助手として働くためには、まず採用に合格することが必要です。その採用の鍵を握るのがやはり「面接での質問」です。そこで看護助手として採用されるために面接で良く聞かれる質問についていくつか挙げていきましょう。

まず一つ目は「なぜ看護助手になりたいのか」です。この質問は必ずといっていいほど聞かれる内容となります。そもそもどのような経緯があって看護助手になりたいと考えたのかを面接官は把握しようとしてきます。この質問での回答のポイントは「内容の薄い回答を避ける」ことです。例えば未経験者歓迎と求人に記載されていたから、自宅から近いからなど内容の薄い回答では面接官の心を動かすことは出来ません。看護助手の行う主な業務のやり甲斐などを踏まえて回答するのが望ましいでしょう。また、看護助手の職についたとき自分が活かせるスキルについても加えて回答すると、さらに面接官に対して好印象を与えることが出来ます。

続いて、二つ目は「この職場を選んだ理由は?」です。看護助手として働くうえでなぜ当院・当施設を選んだのかを面接官は知りたがっています。この質問も面接で良く使われます。この質問に対してのポイントは「病院・介護施設の特徴や理念を踏まえる」ことが大切です。例えば、当院・当施設は患者さん一人一人への丁寧な対応に定評があります。私もそんな看護助手を目指しており、当院・当施設で働くことで私が目指している看護助手に近づけると考えたからです。など病院・介護施設で持っている特徴を踏まえることでより良い回答が出来るようになります。面接前に事前に就職を希望する病院・介護施設について情報収集しておきましょう。

以上の2つの質問は看護助手になる際に、面接で必ずといっていいほど聞かれる質問となります。面接官に好印象を持たれる回答が出来るように事前に準備をしておきましょう。面接の際、面接官が最も見てくるポイントとしては「コミュニケーション能力」があります。看護助手は看護師との連携や患者さんそのご家族への対応など高いコミュニケーション能力が求められるからです。そのため、面接時には相手の目を見てハッキリと丁寧に回答することを心がけていくことが大切です。コミュニケーション能力があるということをアピールすれば、より合格に近づくことが出来ます。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.