看護助手の人間関係

看護助手求人TOP >> 看護助手の転職の基礎 >> 看護助手の人間関係

看護助手の人間関係

現役看護助手の多くが抱えている悩みとして「人間関係」があります。看護助手は看護師との連携をはかり、看護師のサポートをしていくことが主な業務となっています。そのため、コミュニケーションを取って看護師との連携をしていくことが必要不可欠です。しかし、看護助手は資格等を取得していなくても勤められることから、院内での立場的に弱いというのが現状にあります。そのことも関係し、職場での人間関係に悩む方が多いようです。職場内での人間関係が崩れてしまうとコミュニケーションも取りづらくなるため、看護助手としての業務もしにくく、仕事にやり甲斐を感じられなくなってしまいます。看護助手として働きやすい環境を作るためにも、良い人間関係を築くことがまず第一の課題となるでしょう。

看護師との連携を深めるために良い人間関係を築くコツは、まず「自分から進んでコミュニケーションを取る」ことです。元気良く自分から挨拶したり、分からないことを質問したりと自分から進んでコミュニケーションを取ることが大切です。相手に不快感を与えてしまう言葉遣いや態度は控え、少しずつ距離を縮めていけるような対応をはかりましょう。

続いては「医療に対する基礎知識を学んでおく」ことです。看護師と連携して業務を行ううえで、医療に対する基礎知識がない状態では看護師の手を煩わせてしまい、人間関係がもつれるきっかけを作ってしまいます。看護師も看護助手も目的は一緒であり、患者さんに適切な処置を少しでも早く行わなければなりません。医療の基礎知識を学んでおけば、看護師の指示に対して瞬時に答えることが出来るようになります。すると、互いに信頼関係が築け、良い人間関係を作れるようになります。

自分から進んでコミュニケーションをはかり、医療に関する知識を学ぶことで、看護師と看護助手との間に良い人間関係築けるようになります。お互いに目的が同じであるということは忘れず、看護助手側は看護師が業務をやりやすいようにサポートしてあげることが大切です。看護助手は資格等は必要なく未経験者でも業務が可能なことから立場が弱くなりがちですが、病院・介護施設の場で無くてはならない存在となります。まずは自分自身が看護助手ということを自覚し、ある程度の医療の基礎知識を学んでいくことに努めましょう。基礎知識を学んでおけば業務に対して困ることもありませんし、看護師側から信頼され良い人間関係が築けるようになります。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.