看護助手の1日の流れ

看護助手求人TOP >> 看護助手の転職の基礎 >> 看護助手の1日の流れ

看護助手の1日の流れ

看護助手は医療の場で看護師さんのサポートをしたり、患者さんの介助やそのご家族への対応、院内の雑務などの業務を行うお仕事です。では、具体的にどんな1日の流れで業務を行うのでしょうか。看護助手さんの1日はまず「患者さんのお世話」から始まります。患者さんの部屋を回ってゴミを回収したり、検査等の予定のある患者さんの付き添いをしたり、患者さんの体を拭くなどのお世話をしていきます。また、患者さんのお部屋のベッドのシーツを交換するなどの業務も行います。

続いては「院内清掃や医療器具の清掃・消毒」です。院内のゴミの収集や道具の整頓、治療で使われた医療器具の清掃・消毒を行います。

お昼になると今度は「患者さんの食事介助」などの業務を行います。食事が自分一人では行えない患者さんに対して食事介助をし、後片付けまで担当します。終わり次第、自身の休憩が取れる事が多いでしょう。13時頃からは必要な業務がなければベッドメイキングや院内清掃、医療器具の清掃・消毒などの雑務をこなしていきますが、ナースコール等が入れば看護師さんのサポートをすることもあります。

また、医療をする際に使用する器具や薬剤などの準備を行う業務も看護助手にはあります。医師や看護師の指示で、必要となる器具や薬剤等を準備していきます。そのため、ある程度の医療に関する知識が必要です。医療に対する基礎知識がなければ使用する器具も薬剤も把握出来ません。事前に基礎知識を学び、業務を無駄なく行えるようにしましょう。

看護助手はこういった看護師さんのサポートをすることも業務にありますが、患者さんの介助にあたることも多い立場となります。そのため、介護に関する基礎知識も備えておくことが必要です。食事の介助においても、患者さんが食事を美味しく安全にいただけるようにサポートすることが必要ですし、入浴介助においても安全かつ清潔に患者さんの体をいたわってあげることが必要です。こういった患者さんへの介助には、当然介護スキルが必要となります。また、コミュニケーションを取ることも大切です。患者さんと接する機会が多い看護助手は、特に患者さんとのコミュニケーションを大事にしなければなりません。業務が多忙で大変なお仕事となりますが、やり甲斐があり病院・クリニックにおいて看護助手はなくてはならない存在と言えます。人と接することが好きな方・責任感のある仕事に就きたいという方に向いている職種です。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.