看護助手と介護士の違い

看護助手求人TOP >> 看護助手の転職の基礎 >> 看護助手と介護士の違い

看護助手と介護士の違い

看護助手と介護士は一体どのようなところが違うのか分からないという方も多いことでしょう。そこで、看護助手と介護士の違いについて挙げていきましょう。

まずはじめに看護助手とは看護師の業務のサポートを行ったり、患者さんの介護介助やご家族への対応のほか、院内雑務などの業務を行います。医療行為は行わず、主に看護師の業務のサポートを行うため、必要な資格等は示されていません。そのため、未経験者であっても勤めることが可能です。一方、介護士とは日常生活を一人では行えなくなった高齢者に対して身体介護や生活援助、ご家族からの相談や助言、社会活動支援などを行う職種となります。介護士になるためには介護福祉士という国家資格を取得する必要があります。

看護助手と介護士の業務内容は似ている点が多く、違いが分かりにくいと感じる方も多いですが、まず第一の違いとしては「国家資格を取得しているかどうか」が挙げられます。看護助手は未経験者でも業務を行えることに対して、介護士は介護福祉士という国家資格がなければなることは出来ません。これは看護助手と介護士の大きな違いといえるでしょう。

第二の違いとしては「介護に関する専門性」が挙げられます。看護助手は看護師のサポートを行いながら、患者さんの介護介助を行います。しかし、介助が出来る場面は限られていて特定の障害を持った方の介助等は行えません。一方で介護士は、介護に関する知識・スキルが国家資格によって認められており、専門性が高いためあらゆる障害を持った方への介助が可能です。さらに介護に関する知識が豊富であることから、患者さんのご家族に対して適切な助言を行うことが出来ます。

第三の違いとしては「看護師との関係性」が挙げられます。介護士も看護師と連携をし、介護施設全体の向上に努めたり、患者さんへの対応を行ったりすることはあります。しかし、看護師の業務を直接サポートする業務は介護士にはありません。一方で看護助手は介護士とは違い、看護師の業務を直接サポートすることがあります。医療器具の清掃や消毒、カルテの作成など、介護士にはない業務をこなしていくことも、看護助手と介護士の違いとして挙げられるでしょう。「国家資格を取得しているかどうか」、「介護に関する専門性」、「看護師との関係性」の3つが看護助手と介護士の違いです。医療や介護に関する職種に興味をお持ちの方は、是非参考にしてみてください。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.