看護助手の適性(向いている人)

看護助手求人TOP >> 看護助手の転職の基礎 >> 看護助手の適性(向いている人)

看護助手の適性(向いている人)

看護助手は医療機関において看護師のサポートを行う職業ですが、それ以外にも患者さんに対する対応や院内清掃、医療器具の清掃・消毒などの雑務などもこなさなければいけません。そんな看護助手に向いている人として第一に挙げられるのは、やはり「コミュニケーション能力」です。どのような職種であってもコミュニケーション能力は必要不可欠となりますが、看護助手にはコミュニケーション能力がないと業務が勤まらないほど重要となります。まず看護師のサポートをするうえでも看護師との連携を取ることが必要です。コミュニケーションがうまくいかず、連携がうまくいかないと薬剤を誤って準備してしまったり、医療器具の清掃・消毒などを怠ってしまったりといったミスが生じてしまいます。こういったミスは間接的に患者さんの命に関わってしまいますので、看護師との連携が密に取れるように、看護助手には高いコミュニケーション能力が求められます。そのため、看護助手に向いている人として「コミュニケーション能力」がひとつとして挙げられるでしょう。

続いての看護助手に向いている人としては第二に「責任感」が挙げられます。看護師のサポートをすることもそうですが、患者さんの介護介助や食事の介助、入浴介助なども行うことも多い看護助手は責任感が強く求められます。一見、簡単に見られがちな業務内容ですが、ひとつひとつを確実にこなさないと命に関わる重要な業務となります。例えば、患者さんの入浴介助であっても、注意不足で患者さんが湯船で溺れさせてしまう可能性もあるのです。患者さんの介助業務であっても危険箇所や注意すべきポイントを認識して行わないと、患者さんを危険に晒しかねません。そのため、看護助手に向いている人として「責任感」が求められています。

最後に看護助手に向いている人として挙げられるのは「人と接するのが好き」であることです。看護助手は看護師のサポートはもちろん、患者さんへの対応が求められます。日々、人と接する機会が多い職種でもあるので、人と接することが好きなことは長く勤めていくうえで大切なポイントです。人と接することが好きであれば、看護助手としての業務を苦なくこなすことが出来ます。また、人と接することが好きであるからこそ、他の看護師さんや患者さんとの信頼関係が築くことが出来ます。「コミュニケーション能力」、「責任感」、「人と接するのが好き」この3つの適性が揃っていれば、看護助手として向いている人材といえるでしょう。

看護助手の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 看護助手求人サイトランキング All Rights Reserved.